05 Apr見返り無しの手助け

人生七転び八起きとはよく言ったもんで、私の今までの人生はいつもそんな感じです。何かやっても失敗して落ち込む、へこんでまた立ち直る。学生時代は勉強に七転び八起きして、恋愛では何回転んで何回起きたことやら(笑)。でも、それでこそ人生だと思うようになれてきた今日この頃です。浮き沈みがあるからこそ、あがったときに嬉しく思え、下がったときに浮いた時のありがたみがわかるというもの。私は比較的背が小さいことで、いろいろ悩んできました。買い物で手の届かない棚に物がある。本屋なんか毎回です。このちっささを憎む事もありましたが、悩んだ分、助けてくれる人がたくさんいるということにも気づかせてもらえた気がします。落ちたからこそみえる景色というのでしょうか?苦しみは味わった人にしかわからないといいます。でも、その苦しみとか辛さとか、それを乗り越えた人だからこそ、他人に与える事の出来る温かさとか優しさ、思いやりってあるはず。私は、自分に出来る事で、誰かの役に立ちたいと思っています(なかなか難しいですが)。今まで自分が苦しんでいたとき、困っていたときに助けられた事を忘れず、見返りも期待せず手を貸してきてくれたみなさんの気持ちを無駄にしないよう、私もその恩返しを誰かにしていきます。これといってあるわけではありませんが、困っている人をみかけたら、「どうしたんですか」と、声をかけることからしています。

27 Mar研修へむけての意気込みはいかほど

明日から研修です。3日間の。といっても、勤務時間内での研修で、泊まりとかではないので、私的には楽です。泊まり研修だと、うちの熱帯魚さん達のえさやりとか、洋服どれ持っていくとか、めんどくさくって嫌なんですが、今回はそれもなくて安心です。でも、今日資料をどんっと渡されて、読むものが多いし、理解しなくちゃならないしで、結構大変そうです・・・。この3日間は、毎晩読んでいた推理小説はお休みとなりそうです。犯人もう少しでわかるのに!!とりあえず、必死こいて勉強してついていかないと、駄目そうな研修になりそうです。最終日には試験もあるし、なまけていられません。とりあえず、軽くご飯食べて、明日研修予定の範囲である書類に目を通してみました。うん、明日はいけそう。読む量は多いけど、内容がそんなに濃くないです。明日やるはずの仮りテスト問題もといてみました。ほぼ全部オッケー。なので、あさっての分にも手を出してみました。うぅん、明後日は濃いですね。ある意味、今日読み始めてよかったです。明日一日で明後日の部分読みきるのはつらい量と内容です。一通り読み終えて、明日又読もうと思います。今日は、明日の研修へ向けてしっかり寝ようと思います。お疲れ様です・・・。

19 Mar昨日よりも今日をいい一日に

毎日心がけている事があります。昨日よりも今日をいい一日にすることです。いい一日とゆうか、前向きに過ごすというか、とりあえず、毎日ポジティブに行こうと思ってます。小さなこととかでも良くて、今日は掃除したから部屋が綺麗になっていいとか、新聞読んで今日の日本を一つ知ったからいいとか、ほんの些細なことでいいから、毎日をいい一日に過ごそうと努力しています。昨日は、午後出勤だったので、朝から布団を干してすっきりし、洗濯もして、時間を有効に使いました。仕事に行く前に、普段は時間的に開いていないおいしいパン屋さんがあると聞いていたので、そこへ立ち寄りました。ベーグルとコーヒーを買っていいひと時を過ごしました。午後出勤だから帰るのが遅い!と愚痴を言う前に、午後出勤だからこそ過ごせる時間の過ごし方を考えてみたんです。大成功だと思います。一日機嫌よく、とっても有意義でした。何事もいいほうに考えるのは、結構大変で、たまにはグチグチいうときもありますが、その回数を減らす事が目標です。悪いほうに考えていると、いいことも良い方に向きませんからね。今日は又、朝から新聞を読んで、世界の情勢をチェック。本屋で、読めるけどかけない漢字みたいな本を買ってきたので、それにも目を通していこうと思ってます。

10 Mar親友の母としての心配り

若くして母になった親友は、子供がそれなりに大きいので、母としての行動、親としての行動、人としての行動を気をつけています。子供の成長、教育にも旦那様より気を配り、女としてすごいなぁと思います。そんな彼女の、子供へのプレゼントには、必ず本が添えられます。本だけだと、子供だからかわいそうと、おもちゃとか、他のものがいつも一緒です。本は、絵本だったり、結構子供用としては長いものだったり、内容もばらばらで、優しい内容のものから、意外とハードなものまで読ませているそうです。彼女曰く、「今のうちから本を読むことに慣れておくと、大きくなっても本を読める。」あと、「教養の高い子供になって欲しい。」んだそうです。もうひとつ、あげる本の中に、ファンタジィーも混じってるときは、「想像力豊かな子に育って欲しい。」という願いも込められているそうです。今思えば、彼女も小さな頃から本を読んでたなぁと思い出しました。芯の強い人で、それなり色々知識もあって、ステキな女性に育っています。なので、この子もステキな人として育つような気がします。彼女の姿勢と、この子に見習って、私も本を読み始めてみようかなぁ、とちょっと真剣に考えてます。

23 Feb年一回、自分へのご褒美

毎年一回、一つだけ、自分にご褒美を買います。去年は頑張ったなぁーという気持ちと、今年も頑張るぞーという意気込みをこめてです。去年は、新しいパソコンを買いました。今年は、時計を買う予定です。大体目はつけてあります。雑誌を毎月チェックして、新しいデザインのものとか、古いデザインでも長持ちするものとか、色、形、使い勝手など、時計と財布にはこだわりがあるんです。今回目をつけてるのはあるブランドの時計です。フェイスはどちらかというと大きめで、サーモンピンクの文字盤で、12のところにだけ特別なデザインが施されているんです。長方形で、文字盤も見やすく、生活防水もついていてとっても良さそうなんです。新製品ではないので、使った人の意見とか、雑誌やネットで調べて、評価も高くついているので、ほぼこれに決定です。今年時計を買おうと思ったのには幾つか理由があって、前に買った時計も結構古くなってきて、傷や引っかき傷、バンドのところがゆるんだりしてきて、買えどきだなと思っていたのと、手先を見られるお仕事をしているので、高くなくてもいいので、シンプルで綺麗な時計をはめていたいからです。今回狙ってるのも、実はそんなに高くなくて、毎年一回のご褒美にしては安くすみそうです。まぁ、高けりゃいいってもんじゃありませんからね。気に入っていれば、それが一番です。来月、買いにいこうと思ってます!

18 Feb「はまる」ことが出来るエネルギー

水玉柄が大好きで、持っているのもほとんど水玉柄です。ブックカバー、カバン、携帯カバー、お化粧ポーチ、お財布・・・などなど名前を挙げだしたらきりがないのでこのへんで。昔は水玉なんて、ただの丸なのになにが可愛いんだと思っていましたが、いやぁ見慣れてくると可愛くって。特に好きなのが白地にネイビーの水玉です。なんだかさわやかな気分になれるのです。海とか夏を思いださせます。でも、服に水玉は駄目なんです。コーディネートがへたくそなので、服は真っ白とか、真っ青とか、とってもシンプルなものでいつも過ごしています。水玉のブックカバーも実は二つ目で、一つ目のは穴が開くほどまで使い切ったので、また新しいのを本屋さんで買いました。手帳も水玉です。友達へのプレゼントも水玉が多いです。でも、色はその人その人によって違うので、ちゃんと考えてあげています。最近プレゼントしたのは水玉模様の手鏡。女性はいつでも鏡が必要ですからね。雑貨屋さんに行くと、水玉模様の可愛いものがいっぱいあるので助かります。最近では、水玉模様のお菓子とか、ドリンクもつられて買ってしまいます。水玉ブームは、私の中でまだまだ終わらなさそうです。でも、何かを好きになるのにもエネルギーがいりますからね、まだまだ若い証拠ですよ!!

10 Febおちびだけど頑張ります

背がとっても低い私ですが、最近は良い方に考えるようになってきました。昔は、ちっこいとアンバランスだし、本屋行ったら上のほうの本取れないし、ズボンはいつでも裾直しだし(裾にかわいい刺繍が入ったズボンに憧れてたけど、一回もはけた事が無い)、花火とかコンサートとか皆に埋もれちゃうし、何一ついいことなんか無いと思ってました。ところがところが、背の高い友達から言わせると、ヒールははきたいほうだし、ブーツもかわいい、若く見られるし、男女関わらずかわいがられるというんです。最後の男女関わらず可愛がられるかは別として、そういう意味ではちっさくて良かったかもって思うようになりました。母親もとても小さいのですが、女の子はちっさいぐらいがいいのよ。と昔から言われてました。きっと自分へのなぐざめも入ってたきがするんですが・・・。とにかく、最近は、取れない本は店員さんに頼んでとってもらうし、みなさん快く助けてくれるし、ズボンも裾直しただでしてくれるとこあるし、考えようによっちゃそんなに悪くないかもと思えてきてます。足りないものは足せますが(ヒールとかで)、高すぎると減らせないですもんね。そう考えるようにして、屁理屈こねるのやめました。ちっさくても前向き&パワフルにいきますよ。

31 Janほっとできる写真とは。

海の写真を眺めると、心が和やかになり、すっきりします。なので、海の写真、海原の写真集など、たくさん持っています。コンビニなどで、とてもいい海の写真が載った雑誌をみるだけでもつい買ってしまいます。一番大好きな海の写真は、昔親友にもらったある作家さんの手記で、本の真ん中のほうに写真が載っていたんです。何も加工されていないのに、ミドリと青が微妙に混ぜ合わさる綺麗な色の海原の写真がありました。一度見て一目ぼれ。もちろん本も最後まで読みましたよ(一応)。あまりに気に入ったので、その写真のページを切り取って、手帳に挟んであります。ずいぶん古くなるので、端っこの方とかちょっと破れたり、色が変わってきたりしてますけど、私にとってはお気に入りの一枚なんです。ふと仕事の休憩時間とか、ほっとしたいなぁという時にすぐ眺められるようにしてあります。動物の写真を見てほっとするという方が多いですが、私は海ですね。淡いグリーンの海原から、濃い濃紺の色まで、どんな色でも、海を見るのが大好きです。写真は、好きなんですが撮るのがあまり上手ではないので、やっぱりプロの方のを見ると、圧倒されます。これからもほっとする海の写真を集めていきたいと思います。

19 Janマニキュアを使いたい!

マニキュアが大好きで、コレクションもかなり増えてきました。季節ごとの各メーカーの新色はいつも必ず雑誌と、カウンターへ行ってチェックします。使わない色は買わない主義ですが、使いそうな色系統はほぼ全部買います。なので、同じ様な色ばっかりです。中には挑戦色として買っているものもあるので、ビビッドなものもありますが、問題なのは、なかなか使えないということです。仕事の日はビビッドな色なんてもってのほかだし、派手目の色は服を選ぶし、以外と使えないことに気づきました。せっかく塗るんだから、最低でも2・3日、あわよくば1週間ぐらいはつけてたいんですが、そうもいきませんよね。なので、最近はぺディに使うことでその問題を解決しました。夏だけぺディ?いえいえ、冬でもしますよ。ふと見えたときに嬉しくなるんで、この作戦成功です。足だと長持ちするし、ある意味いつも隠れてるし、逆に言えば、なんでも塗れるんです。挑戦色も、気兼ねなく使えるし、折角買ったので使いたいから、今では1週間に1回は塗り替えしてます。本屋で立ち読みして、どの色とどの色が合うかなどをみて、毎週試してます。いろいろ試せるので結構楽しくやってます。これで、コレクションのマニキュアが使えます。

22 Dec本棚掃除の悩み

部屋の掃除をするとき、大抵夢中になってしまうのが「本棚の整理」です。よく掃除の失敗のステレオタイプで、出てくるアルバムを整理していたり、最近読んでいなかった本を読み始めたら、時間がかなりたくさん経ってしまって、結局ろくに掃除が進まなかった…なんてエピソードがありますよね。それくらい、本棚の整理には誘惑がいっぱいなのです。大抵、本棚の整理は最期に回しても支障がない場合が多いので、その誘惑から逃れたい人は、掃除の順番を変えることが一番効果的なのだとか。とは言っても、そんな誘惑に負けてしまうような時間も楽しい…という人も多いので、実践出来るかどうかはまた別の問題かもしれませんよね…私は完璧にこのタイプです。「掃除を中断してしまうくらい、本棚の整理が楽しい!」のです。
本棚整理の話と言えば、シリーズでそろえている本が、一冊だけ入らないといらいしたりします。どんどん続編が刊行されていって、一冊ずつ増やしていくのはいいんですが、だんだんひとつの棚に入りきらなくなっていったり、数冊だけ別の部分に移動させることになって、なんだかスッキリしない状態になったり…。これって、本をただ読むだけではなく、並べて眺めて満足したい気持ちもあるからなのかもしれません。

掲示板って面白いですよね。人の動き、考えがリアルに伝わってきます。
そこには小説にない面白さがあって、つい長時間眺めてしまいます。
今はROM専ですが、そのうちわたしも書き込みしてみようかな(笑)