30 Octやりたいお仕事が出来る幸せ

最近仲のいい友達が転職を考えているそうです。しかも、タイミングよく二人も。一人は、結婚してからずっとパートをしていたらしいんですが、やっぱりちゃんとした会社で働きたいって思うようになったそうで、今事務系のお仕事を探しているんだそうです。バイトやパートだと、旦那さんの扶養でいるには制限もあるし大変みたいなんですよね。旦那さんの扶養も外れて、思いっきり二馬力で稼ぐのも良いかもね、なんていう話になっているらしく、パートがお休みの日はハローワークに通いまくっているそうです。
もう一人は、事務系のお仕事をしているそうなんですが、ここ最近ヨガを始めたことをきっかけにインストラクターになりたいと考えているようで、もうすでに選考会に行ったんだとか。しかも、一次選考は通過できたようで、何ともキラキラした表情で今後どんなことをやりたいか、楽しみたいかなどを語ってくれました。
なんだか二人を見ていたら、私もちょっとキャリアアップなり転職なりしてみたいな~なんて思ってしまったんですが、今の仕事もやりがいを感じているのでそんなに本気にはなれず。私がもし転職するなら、雑誌や本の編集部とか、書店とかに就職してみたいなあ~。だって、発売前の本とか読み放題ですよ!!うらやましすぎる環境です。でも、今の仕事もやりたい仕事だったので、幸せなことだなあって思います。楽しみながら仕事が出来ることが一番ですよね!

14 Oct気の使い方にもバランスが

なんにでもまめな人とそうでない人、いますよね。男女関係なく連絡をこまめに取る人とか、なんでもきっちりメモを残す人、洋服ダンスの中は綺麗に仕分けがされてる人、本棚の本は大きい順に並んでいたり、使わない靴の中には新聞紙が丸めて入れてあったりする性格の人たちとは対象に、筆不精の人もいるしメモを取らずにすぐ忘れてしまう人もいる。洋服はごちゃごちゃでどこに何が入っているかわからなくなって、結局何を持ってるかもわからなくなる人もいます。読みっぱなしの本はその辺に置いてあったり、使わない靴はそのままでしなしなになったりする人も中にはいると思います。それでも、人にはいろいろこだわりというのがあって、意外な所で意外な物が整頓されていたりするのです。きっとみんな、どこかでバランスを取っているんでしょうね。ここは気をつけなくてはいけない、ここは別にそこまでしなくていいと。台所は料理していれば若干汚れが出るのも当然ですが、綺麗にしていないと気持ちよく料理ができないと、料理中に何度も拭く友達をみた事があります。でも結局、最後まで何度も汚れるんだからそのままにしておけばと聞いたら、いや、これは綺麗にしておかないと気が済まないと目を見開かせて言っていました。普段は結構ラフな彼女にもこだわりがあるんだと、思い知った時でした。

26 Sep小さな一歩も積もり積もって大きな前進になる

私は自分の事が嫌いです。いつも他人任せで、誰かが何とかしてくれると思っているところが気に入りません。でも、そういう自分を嫌っているだけで、変える事が出来ない自分が何より嫌いです。
一念発起して、いろいろな啓発本を読んでみたり、行動を変えてみたりもしているんですが、なかなか結果に結びつかずフラストレーションが溜まってしまいます。時々自暴自棄になってしまって、ついつい余計な散在をしてしまったり・・・と言っても、古本屋さんで一冊100円とかの本をまとめて買う程度なんですが。それでも節約しなくてはいけない生活の中で考えたら浪費に入ってしまいます。
どうにかこうにか自分を曲げずにまっすぐ立てるようになりたいと思うんですが、難しいですよね。長い年月をかけて出来上がってしまった自分を変えるのは、とても難しい気がします。でも、変わることができたと自分で思えるようになったら、きっと自分の事を少しは好きになれるような気がするんです。
今はまだ、自分の事が嫌いで許せなくて苦しいけど、きっとこの苦しい時期が晴れると信じて、一歩一歩進んでいかなくてはいけませんね。ちょっとずつ、一歩ずつでも前に進んでいれば、きっと道は開けると信じて。どんなに小さな一歩でもいいから、踏み出していこうと思います。

05 Sep弱気を助け、強気をくじくカリスマ

テレビってどんなの見る?と聞かれるのが苦手です。基本的にはテレビよりも小説を読んでいるほうが好きだし、にぎやかで疲れてしまうのでずっと見ているのが難しいんですよね。でも、一つだけ好きなのは、時代劇です。渋いって言われるし、変って言われることもあるんですけどね(笑)
小説でも、時代物の作品も好きで時々読むんですよ。義賊が出てきて困っている人を助けるものから、忍者の物語から、侍あだ討ちもろもろ…。どんな内容でも楽しむことができるのは私の才能かもしれません。特に好きなのは義賊モノでしょうか。ネズミ小僧が有名ですけど、他にもいろんなタイプの義賊が居ます。成敗系も居れば、盗賊系もあるんですが、私はどっちかと言うと盗賊系がいいかなあ~。うらみとか仇とかではなく、困っている人や病んで仕事ができない人にお金を届けるなんてちょっとかっこいい!現代ではありえないでしょうけど、格差のあった江戸時代にはそういう人が本当に居たんでしょうか。
時代モノの魅力は、本当にこういう史実があったの!?って思わせるところかなと思ってます。実際かなり史実に沿って資料を見ながらお話を作っていらっしゃる作家さんも多いそうなので、いつかそういう史跡めぐりとかもしてみたいです。

30 Aug無音の時間

ごくたまに、とても静かな時間を過ごす事があります。それは朝だったり夕方だったりばらばらですが、ふとできた無音の時間の事です。朝の通勤ラッシュの忙しい時間が終わった後、普段聞こえる子ども達の声が今日は無いとか、車が通らないとか、いつもは散歩ですれ違う人たちの話し声に犬がワンワンと鳴く声も今日はたまたま無い、そんな時です。忙しい道路でも一瞬ふと静けさが訪れる、そんな瞬間です。本を読んでいるとそのごく普通にある音がふとなくなったとき、ふと我に返るんです。あれ、音が無いって。ある意味面白いなと思って。音があるのが普通だから無いと何かがおかしいと脳が反応するんでしょうね。それだけ回りの環境に頭が適応して、音を聞き分けてふるいにかけているように思えます。住み始めた時は今までとは違うノイズだから夜寝れなかったり、音の源はなんだろうと気になったり、不安になる時もありましたが、これが普通だと体が納得すると安心するんです。だから逆にいつもとは違い音がないと反応してしまうんです。窓から見えるいつもの景色が、違う物に見えるんです。でもそんな時間があると、ここに住んでよかったなぁと思わせてくれます。たまに聞こえるハトの鳴き声やスズメのさえずりもその一つです。

13 Aug毎晩の晩酌は

寝る前にお茶を飲むようにしています。お酒で寝酒、とかこつけるのもいいけれど、特に酒豪ではないし、飲めないと寝れないわけでもありません。水分を取るのは大事だと聞いてお水を飲んでいましたが、冷たい水分は寝る前に体を冷やすので良くないと聞いてから暖かいものを飲むようにしています。前は紅茶を飲んでいましたが、やはり日本人です、緑茶がおいしいと感じる歳になってきたようです。玄米茶やほうじ茶いろいろな種類のお茶を用意して毎晩楽しみに飲んでいます。テレビやインターネットは寝る前には眠気を奪う作用があると聞いたので、お茶を飲みながら読書するのがお決まりとなっています。活字離れの生活が続いているのでいいことだと思い頑張ってます。それでもたまにはマンガなんかも読みたくなりますが、夜は活字を読むと貫いています。子どもの頃は大人はかっこよく新聞を読みながら朝を向かえ、夜はニュースを見ながら時を過ごすもんだと思っていましたが、現実は随分と違ったもんです。でも、この生活は気に入ってるし今の食生活と夜のお茶摂取は体に合っている様なのでしばらく続けようと思います。継続は力なりです、簡単な事でも毎日続けて行くのは結構大変です。将来のことを考えて今から健康にいいことは続けて癖になればいいなと思っています。

20 Julやりたい事とやらなくてはいけない事のバランス

気分が乗っていないときにすることって、何事もなんだか中途半端な気がします。学生の頃はだらだら勉強する、結局頭に入らず無駄な時間を過ごしたと思う事が多々ありました。社会人になってからは、仕事だけでなく炊事洗濯もこなさないといけません。何気なく作ったご飯はなんとなく満足できず、いいと判断された仕事でも自分では納得がいかなかったり、そんな事は結構あります。他の所に意識があるのに本を読んで内容が頭に入らない、結局読み直さなきゃいけないことになったりして、私生活もしまりが無い。そんな時は運動したり、その時自分が一番したいことをしようと心がけています。うやむやな時って、心がすっきりして無いとか、なにか自分の中でごまかしてるとか、そんな事が原因なんだと思うんですよね。ケーキが食べたい時は食べる、出かけたいときはでかける、ランニングに出かけたり散歩に出かけたり、体を疲れさせると自分自身がリセットされたような気がしてさぁやるぞと思えるようになりました。ぐっすり眠れるし、体も心も引き締まって一石二鳥です。もちろん食べすぎはいけないし、仕事もちゃんと行かなくてはいけません。やらなくてはいけない事と、やりたいことのバランスを上手くとるということです。心と体が疲れていては何も上手く行きません。このバランスを上手くとって日々過ごしています。

06 Jul医師からのメッセージ

動物園の飼育係の方と、小児科医の先生。一見関係なさそうなお二人で作った絵本があることを知りました。動物園の動物が便秘で苦しんでいるということを知った小児科医が、それを題材に絵本にし、子供たちに届けたようなのです。私が小さい頃は考えられませんでしたが、今はあたりまえに、朝食をとらない子供がいるそうです。そういった子供たちの中には朝トイレに行かない子もいると、いつだったか聞いたことあります。小児科の先生は、ちゃんと食べて運動をしてお腹の調子を整えることの大事さを、動物という子供が親しみやすいキャラを使うことによって、子供たちに伝えたかったのでしょうね。そういえば、以前感動し号泣した小説は、内科医の先生が書いたものでした。小説は、本当の中に嘘を混ぜるものだと、某作家さんが言っていました。病院は人の命を守るところです。そこに上手に物語を混ぜれば、人に命の大切さを、説教としてではなく感動として届けることができるんですね。内科医の先生は前を向いてしっかり生きることの尊さを、小児科医の先生は、日々丁寧に暮らすことの大切さを、私たちに教えてくれています。医師と作家の兼業は大変でしょうが、次作も楽しみにしています。

20 Jun枕選びの重要さ

人にはいろいろこだわりがありますよね。私の第一のこだわりはなんといっても枕です。たかが枕、されど枕です。今まで何度も合わない枕で寝たことによって、肩こりをおこしたり、ぐっすり快眠できなかったり、首を痛めたりしたことが多々ありました。固めの枕で、形状記憶系のものは私には合いませんでした。両親はそれが大好きで今も使ってます。ふわふわの枕は埋もれているように感じてしまって、これもまた私には合いません。なので、それ以来枕選びは慎重にしています。かといって、年に何回も買い換えるようなものではないので、こだわりは何年かに一回しか発揮されません。私は寝る前に本を読むのが日課なので、仰向けで寝転がって首が痛くならないものをまず念頭に入れて探します。でも、寝るときはうつ伏せなので、あまり高さの高いものだと首が曲がって痛くなる、もしくは寝れないので、それも考えなければなりません。つい最近買い換えたのですが、結構いい感じです。値段もそんな高くなくて普通の値段でした。今のところ、本を読んでても首も痛くならないし、うつぶせでも大丈夫。ただ、まだ新しいので、ちょっとやわらかくて顔が包み込まれるようで、私好みの固さになるまでにはまだ少しかかりそうです。

01 Jun毎日1つの事を続ける根気

健康の為に、毎日なにか最低1個体にいいことをしようと心がけているのですが、なかなか思うようには行きません。出来る事はいっぱいあります。散歩に行ったりヨガをしてみたり、エレベーターを使わずに階段を使う、バス一駅分を歩いたり緑黄色野菜を食べる、無糖ヨーグルトを食べたり夜は控えめに食べるなど、健康に出来る事は運動に限らず様々なものがあります。気をつけていないとついだらけてしまってエレベーターにエスカレーターばっかり使ったり、甘いものをいっぱい食べすぎたり脂っこいものばかりを食べたり、運動もせず家でテレビやマンガばかりを読む生活を送ってしまいがちです。人間楽な方に楽な方に向いてしまうのは結構あることです。でも、今のうちから気をつけておかないと10年20年経ったときにドンと返ってきそうで、そうなった時には遅い気がして、今から健康を少しでも維持できるようにと始めたんです。ですが、仕事が忙しいとか帰りが遅いとかってなると、コンビニでお弁当を買ったり、疲れて運動できない事も多々あります。継続は力なりといいますが本当にそうですね。たった1つの事だけど、それを毎日続けるというのは自分の根気との戦いでもあると思いしりました。過去は振り返らず、明日からまた頑張ろうと思います。

掲示板って面白いですよね。人の動き、考えがリアルに伝わってきます。
そこには小説にない面白さがあって、つい長時間眺めてしまいます。
今はROM専ですが、そのうちわたしも書き込みしてみようかな(笑)